space_.png

中堅企業の社長様・起業家の皆様へ! ! !  発想の転換が必要です! ! !

収益を生まない経理・総務部門の費用と時間,削減できます!! 右斜め下 右斜め下

中小企業の経営は、少数の社員で一人で何役もの仕事をこなさなければなりません。 したがって、収益を生まない管理部門の仕事の時間や支出費用は、最小限に抑えなければならないと考えます。そして、その節約した人的コストと労働時間を直接的な収益を生む部門(お客様のために)に使っていくことが最も大事なことです。                                             
                                          

毎月10万円(年額120万円)の固定費の削減は、あなたの会社の売上高に換算した場合いくらに匹敵しますか???



仮に、御社の年間売上高が1億円で営業利益率(営業利益÷売上高)が下記の場合、 年間120万円の固定費の削減は、売上高に換算すると次のようになります。 売上アップ  右斜め上 右斜め上 右斜め上  

営業利益率
ケース1 6%の場合 120万円÷6%(600万円÷1億円)=2,000万円
ケース2 4%の場合 120万円÷4%(400万円÷1億円)=3,000万円
ケース3 2%の場合 120万円÷2%(200万円÷1億円)=6,000万円

営業拡大=売上高増加という考え方は原則ですが、 固定費削減=売上高増加という考え方も成立つ事も意識してください
売上の拡大生産が必ずしも最終利益増加には結びつかない                   
考え方を変えることにより、行動が変わり、結果が変わります


東京都豊島区池袋の佐藤茂税理士・会計事務所は、気づきと元氣を提供いたします 晴れ晴れ晴れ